神戸の土地売却で損をしない方法とは?|コラム「土地にかかる消費税」

神戸の土地売却で損をしない方法とは?

土地お役立ちコラム「土地にかかる消費税」

新築マンションの価格や建売住宅の価格が表示されている場合、ほとんどが消費税込みの価格となっております。
場合によっては、但し書きで『内:消費税○○円』としていることもありますが、ほとんどの場合で消費税額が表示されておりません。
物件を管理している不動産会社や仲介業者に訊くと、消費税額の正確な金額を教えてもらえますよ。

 

さて、土地・家屋の不動産に対する消費税額は、さぞ大きな金額だろうと想像がつくところではないでしょうか。
しかし、実は土地には消費税がかからないようになっています。
ですから、土地・家屋を購入した際にかかる消費税は、家屋分部に対してのみなのです。
例えば、土地が2000万円、家屋が2000万円だった場合、消費税は家屋の分だけになりますので、100万円となります。

 

ですから、建売物件やマンション購入の際、消費税が分かれば、消費税から逆算して、土地の値段と建物の値段を知ることができます。
(*マンションの場合は、敷地権の割合に応じた権利となります)

 

単純に、購入価格から消費税分を差し引くと、税抜き価格が分かります。
『購入価格−消費税額=税抜き価格』

 

消費税額を0.05%(消費税率)で割ることで、建物の価格が分かります。
『消費税額÷0.05=建物の価格』

 

税抜きの価格から建物の価格を差し引くと、土地の価格が分かります。
『税抜き価格−建物の価格=土地の価格』

 

近隣の相場と比較したり、土地の価格を知るためにも、建売住宅やマンションの購入をお考えの方は計算してみると良いですよ。
消費税が引き上げになりますが、駆け込み的な購入の仕方は非常に危険です。
大きな買い物ですから、慌てず焦らず決める時間が必要です。
資金計画に少しでも問題があれば、先の長い問題になってしまいがちです。
慎重に考えましょうね。