宮崎の土地売却で損をしない方法とは?|コラム「土地区画整理法とは?」

宮崎の土地売却で損をしない方法とは?

土地お役立ちコラム「土地区画整理法とは?」

土地区画整理法とは、非常に細かく難しい内容となっています。
ここでは、分かりやすく、簡単簡潔にお話ししたいと思います。

 

道路・公園・学校・河川などの公共設備に関して、整備・改善を行ったり、土地の区画を整理して宅地の利用を増進させる意図を持った事業が『土地区画整理事業』と言います。
『土地区画整理事業』は、『土地区画整理法』に基づいて行われます。

 

具体的には、地域によって、公共施設が不十分な場合、その地域の土地の所有者から多少の土地を提供してもらい、この土地を道路・公園・学校などの公共用地として当てられたり、一部を売却して事業資金の一部に当てたりします。
公共用地に当てられることを『公共減歩』、事業資金に充てられることを『保留地減歩』と言います。

 

事業資金に関しては、保留地処分金の他、都市計画道路や公共施設等の整備費に相当する資金が、公共側から支出されます。
これらを資金にして、公共施設の工事や宅地の整地、家屋の移転補償などが行われます。

 

土地の所有者にとっては、土地区画整理事業後の土地の面積が狭くなりますが、都市計画道路や公園、学校などの公共施設が整備され、さらに土地の区画が整うことで使い勝手が良く利用価値の高い土地を得られると言えるでしょう。

 

減価補償地区において、土地の利用価値が高くなり、地価は上昇しますが、土地の面積が狭くなり、土地の総価格は減少してしまいます。
これは、施行後の公共用地率が大きい地区などに、当てはまります。
このような地区を『減価補償地区』といい、土地の総価格の減少分を『減価補償金』として土地の所有者に渡されます。

 

実際には、そうならないように、減価補償金相当額で土地を買収し、公共用地に充て、減価補償金を発生させないようにしています。