佐賀の土地売却で損をしない方法とは?|コラム「抵当権とは?」

佐賀の土地売却で損をしない方法とは?

土地お役立ちコラム「抵当権とは?」

抵当権という言葉を聞いたことがありますか。
抵当権とは、お金を借りるときの担保物件のことを言います。
担保物件とは、お金を借りる際、もし万が一返済ができなかった場合の保証をするもののことですね。

 

住宅ローンを利用するときは、『抵当権』が設定されます。
覚えておきましょう。

 

住宅ローンは大きな借り入れです。
お金を貸す側の金融機関は、もちろん返済されなければ大変困ります。
もちろん、そんなことがないのが一番良いのですが、万が一そうなった場合の保証として抵当権を設定するのです。

 

この、抵当権を設定する手続きである『抵当権設定契約』は、一般的に司法書士に依頼することが多いです。

 

では、抵当権と似た言葉で『根抵当権』という言葉を聞いたことがありますか。
『根抵当権』とは、上限額を定めて、その範囲で不特定の債権を担保とする抵当権のことを言います。
上限額の範囲内であれば、借りたり返したりを何度でも繰り返すことが可能です。
『抵当権』との違いは、『根抵当権』は、ローン完済後も消滅することがありません。
本来、『抵当権』は、ローンが完済すれば消滅します。
それは、借り入れをした側からすると、安心なことですが、これが事業等で取り引きが引き続き行われる場合になりますと、抵当権が消滅すると改めて抵当権の設定をしなくてはいけません。
そこで、根抵当権を利用して、事業用の運用資金融資などに使われます。
これが『根抵当権』です。

 

次に抵当権の実行についてです。
抵当権の実行とは、つまり、ローンを組んだ人が、債務不履行やなんらかの事情で返済ができなくなった場合に、行われることです。
お金を貸している側の金融機関が、抵当権の優先順位で担保になっている不動産を競売に掛けます。
競売に掛けて売買が成立した段階で、債権回収となりますが、決して額面通りとはいかず、金融機関にとって損になるケースは少なく