富山の土地売却で損をしない方法とは?|コラム「抵当権抹消について」

富山の土地売却で損をしない方法とは?

土地お役立ちコラム「抵当権抹消について」

抵当権とは、お金を借りた際に、万が一返済ができなくなった場合の保証として、借り入れの担保のことを言います。
金融機関で住宅ローンを組んだ際には、抵当権設定登記をします。

 

この抵当権、借り入れを完済してしまえば、効力はなくなります。
しかし、抵当権の抹消をしなければ、後々その建物を担保にお金の借り入れをしたいときや、建物の売却や、また住宅ローンを組みたいときなど、手続きができなくなってしまいます。
ですから、抵当権の抹消は、必ず行ってください。
また、万が一、分からずにそのままにしていた場合、新たにローンを組んだり家屋の売却などの際、改めて抹消する手続きが必要となります。
そのとき、年数が経過していることで、書類の紛失をしていたり、家屋の相続がされている場合、素人では処理しきれなくなってしまいます。
ですから、早めに抹消するようにしてください。
金融機関がやってくれるということは、有り得ません。

 

抵当権付きの借り入れが完済すると、債権者から抵当権を抹消するために必要な書類が交付されます。
・弁済証書
・借り入れした当初の契約書
など、専門的な書類ばかりで、ほとんどの人は見ても分からない場合が多いでしょう。

 

この書類が手元に来ただけでは、もちろん抵当権の抹消とはなりません。
抵当権を抹消するためには、抵当権抹消登記を申請する必要があります。
それらの書類は全て添付することになるので、紛失しないように気を付けましょう。
書類を添付の上、法務局へ申請してください。

 

抵当権抹消登記にかかる費用は、登録免許税として、不動産1件あたり1000円です。
手数料などはかかりません。
土地2筆・家屋1棟であれば、3000円ですね。
また、20件を超える場合は、一律2万円となります。

 

抵当権抹消登記は、司法書士に依頼すればやってもらえます。
5000円〜1万円程度の費用なので、手間や時間がかけられない方は、依頼すると良いでしょう。

 

ご自身でできないほど難しいわけではありませんので、法務局の方に相談しながら行うと良いですよ。