沖縄の土地売却で損をしない方法とは?|コラム「抵当権消滅請求についてについて」

沖縄の土地売却で損をしない方法とは?

土地お役立ちコラム「抵当権消滅請求について」

抵当権とは、住宅ローンなどの借り入れの際、万が一返済が滞ってしまった場合などの保証となる担保のことです。
住宅ローンを借り入れるとき、必ず金融機関との間で契約が結ばれます。

 

第379条に、抵当権消滅請求の存在、および抵当権消滅請求権を有する者を定めた規定があります。

 

抵当不動産の第三取得者は、抵当権消滅請求をすることができます。(第383条)

 

かつては『てき除』という制度があり、ずいぶん悪用され、弱者が泣き寝入りすることも多くありました。
この『てき除』が改正されてできたのが、『抵当権消滅請求』です。

 

改正されたのは、2003年。
実は、少し複雑な制度です。

 

『抵当不動産の第三取得者』(抵当不動産について所有権を取得した者)を、抵当権消滅請求権者として認めています。
抵当権消滅請求権は、抵当権の第三取得者の方に主導権があります。

 

抵当権消滅請求は、抵当権を消滅させるという効果があります。
強制的に抵当権を抹消させ、不動産の有効利用するための制度となっています。
任意で売却を求める任意売却が上手くいかなかった場合に行われることがあります。

 

・抵当物件の買い主に抵当権消滅請求手続を理解してもらう。
・民法378条により、買い主への所有権移転登記を行う。
・民法383条により、全ての抵当権者に、抵当権消滅請求通知内容証明の発送をする。
・民法384条により、2ヶ月以内の競売申立がなければ、抵当権の効力が消滅する。
・抵当不動産の評価額を抵当権者に支払う。(受け取り拒否をした際は、法務局に供託)
・登記抹消のため、抵当権者に理解しておらうか、あるいは抵当権抹消登記請求訴訟を提起する。
・買い主の所有権取得。

 

という流れになります。