大阪の土地売却で損をしない方法とは?|コラム「土地を売却した際の税金について」

大阪の土地売却で損をしない方法とは?

土地お役立ちコラム「土地を売却した際の税金について」

個人が土地・家屋の売却をした場合に発生する売却益は、譲渡所得となります。
譲渡所得というものは、給与所得や事業所得とは分けて考えます。
ですから、給与所得や授業所得とは別の所得として、所得税や住民税が課税されます。

 

譲渡所得については、対象の土地家屋の所有期間の長さによって税率が異なリます。

 

◎土地を取得した日の翌日〜譲渡した年の1月1日までの所有期間
 『5年を超えるもの 長期取得 所得税15%住民税5%合計20%』
 『5年以下のもの  短期取得 所得税30%住民税9%合計39%』

 

となります。

 

所有期間の判定に関しては、譲渡した年の1月1日現在となります。

 

◎譲渡所得の計算方法
 『譲渡対価−(取得費+譲渡費用)−特別控除額=課税譲渡所得』

 

・取得費 = 売却した土地・家屋を購入した際の価格や仲介手数料・登記費用や不動産取得税など
・譲渡費用= 売却にかかった仲介手数料や測量費用など
・譲渡所得 
(特別控除)  =居住用財産にかかる3000万円控除・最高5000万円まで各種の控除
(課税譲渡所得)=税率を乗じて所得税や住民税の金額を出す

 

取得費に関しまして、実際の購入代金が不明な場合や極端に少額である場合は、譲渡対価の5%で換算して計算しても良いです。(尚、家屋に関して、取得費の計算には、減価償却費に相当する分を控除しなくてはいけません。)

 

土地・家屋は、時価ではありません。
あくまでも固定資産税評価額や路線価よるものだと解釈してくださいね。

 

また、譲渡所得に関しては、所得税の確定申告が必要となります。