福岡の土地売却で損をしない方法とは?|コラム「土地の価格の相場」

福岡の土地売却で損をしない方法とは?

土地お役立ちコラム「土地の価格の相場」

自分が購入したいと思った土地や、売却したいと思った土地など、価格について相場に対して『高い』『安い』を知りたいと思いませんか?
買うにしても売るにしても、大きな金額が動くため、納得できる価格であることが大切ですね。
売主も買主も、提示された価格が妥当であるか否かを判断するために、相場を知る術を知っておきましょう。

 

土地は一物多価と言われ、価格の種類がいくつもあります。

 

◎国や自治体から発表される公的価格
・公示地価
・基準地価(都道府県基準地価格)
・相続税路線価
・固定資産税路線価
・固定資産税評価額

 

土地取引の価格の目安となることが目的の一つとなっている、『公示地価』(1月1日現在の価格)と『基準地価』(7月1日現在の価格)がありますが、実際の価格と異なっていることも多々あります。
ですから、相場の参考にならない場合もあるということです。
しかし、同じ地域内での地価の上昇・下落の動きを知るのであれば、良い目安になるでしょう。

 

相続税路線価は、相続税や贈与税の算定基準となる『土地評価額』となり、公示地価の80%が目安となります。
(1月1日現在の価格)

 

市街地のほぼ全てと言える公道と、必要であれば私道に対しても価格が付けられるので、公示地価と路線価との違いを比較すると、知りたい土地の価格水準を推測することができるでしょう。

 

*公示地価・基準地価の内容に関して、国土交通省『土地総合情報ライブラリー』で見ることが可能です。
 また、国税庁のHPで、『全国の路線価図(過去3年分)』が見ることが可能です。