広島の土地売却で損をしない方法とは?|コラム「土地の評価額について」

広島の土地売却で損をしない方法とは?

土地お役立ちコラム「土地の評価額について」

土地の評価額というのは、実売価格とは全くの別のものです。
評価額に関して、国では相場の7割を基準にして示しています。
地価公示法により、国土交通省が発表している全国の土地価格の基準値があります。
それを公示価格といい、相場とします。
しかし、地域によっての差や、不動産業者・建築業者や、購入時の条件などによって、どうしても売買価格は左右します。
ですから、実売価格の現実に添ったものだとは限りません。
実際に、7割を大きく割り込むこともありますし、逆に実売価格を越える評価額がつくことも有り得ます。
*また、公示価格の80%が相続税評価額であるとも言われています。

 

・評価の仕方
土地は、主要な路線価格、土地に隣接する路線の価格、道幅、道路の舗装状況、道路からの距離、最寄り駅までの距離など。
また、電気・ガス・水道などの環境要件、建ぺい率などから算出されたものを、土地の面積を乗じて評価額となります。

 

*土地に住宅が建っている場合には、住宅用地の特例があります。
 評価額に基づいて決められた、課税される基となる課税標準額がかなり安くなります。

 

具体的には、相続税法上、国税庁が「路線価」として公表している価格や倍率表に基づいて計算をします。

 

固定資産税の課税明細書(納税通知書)には、固定資産税評価額が書かれています。
納税通知書に書かれている『区分』の右側の欄の『価格(評価額)』に書かれた金額がそうです。

 

また、賃貸マンションの敷地や、他人の建物の敷地など、貸している土地に関しては、調整率を乗じて計算をします。
・賃貸マンションの敷地の場合
評価額×0.82

 

・他人の建物の敷地として貸し出している場合
評価額×0.4

 

ただし、これらの計算法は、実際の相続税申告の際には使えません。
あくまでも参考として、お考えください。
実際の相続税申告には、専門家に相談してくださいね。