千葉の土地売却で損をしない方法とは?|コラム「固定資産評価証明書とは」

千葉の土地売却で損をしない方法とは?

土地お役立ちコラム「固定資産評価証明書とは」

土地・建物の売買等で登記名義を変更(所有権移転登記)する場合や、所有権保存の登記相続をする場合、申請するときに登録免許税を納税します。
納税額は、不動産の価格に対して課税されます。
この『価格』は、固定資産税課税台帳に登録されている価格を指します。

 

登記には、固定資産評価証明書を使用しますが、これに不動産価格が記載されています。
固定資産評価証明書は、土地や建物に対する評価額を証明するものです。
固定資産税の評価額と一致します。

 

土地と建物の両方の場合、別々の証明書となるので、それぞれの証明書が必要となります。

 

固定資産評価証明書は、市町村役場で取得することができます。
(東京都23区は都税事務所にて、取得できます)

 

固定資産評価証明書の発行を申請できる人は、ご本人かまたは本人以外であれば委任状などを持参する必要があります。

 

申請の際、持参しなければいけない物
・不動産の地番・家屋番号(住所ではありません)
・身分証明書、法人であれば法人の代表印
・代理人の場合は委任状
・相続する場合、戸籍謄本などの書類
 (申請者または委任者が、名義人に対して相続権があることを確認できる書類の写し)

 

発行手数料は、格市町村役場・都税事務所によりますので、お問い合わせください。
東京都23区都税事務所であれば、1通400円となります。

 

固定資産評価証明には、有効期限というものはありません。
しかし、年度替わりで無効になってしまうので、4月に使用する固定資産評価証明書を3月に取得してしまうと、それは使用できなくなってしまいます。
4月〜3月という年度内で使用可能となりますので、気を付けましょう。