新潟の土地売却で損をしない方法とは?|コラム「土地・家屋の名義変更の手順」

新潟の土地売却で損をしない方法とは?

土地お役立ちコラム「土地・家屋の名義変更の手順」

土地・家屋の所有者が亡くなった場合、相続する方に土地・家屋の名義変更を行います。
名義変更は、相続登記を行うことで完了します。

 

まず、第一にしなくてはいけないことは、相続人全員で相続する人物を話し合うことです。
土地・家屋は、ほとんどの場合、同じ人物が相続することになりますが、稀に別々の人が相続することもありますね。
相続人全員で話し合って決定することを、『遺産分割協議』と言います。
この遺産分割協議によって決定したら、遺産分割協議書を作成します。
遺産分割協議書には、相続人全員が署名をし、実印で捺印しなくてはいけません。
ですから、遺産分割協議は必要です。

 

しかしこれは、全員が揃って話し合う必要はなく、手紙・電話・メールなどで、確認を取りながら行うやり方で十分です。
要は、相続人全員が了承しているという証明が必要なのです。

 

遺産分割協議書の書き方は特別な書式はありませんが、内容に『相続人全員で協議した』という文言を必ず入れ、土地・家屋の不動産については『登記事項証明書』を書き写す必要があります。
この2つの事項の記載に関して、何か問題があれば、この遺産分割協議書は無効となってしまいます。
そうなると、再び遺産分割協議書を作成して、相続人全員に署名・実印の捺印をお願いしなくてはいけません。

 

◎相続登記に必要な書類
・亡くなった方の戸籍謄本(出生から死亡までのすべて)
・亡くなった方の住民票の除票
・相続人全員の印鑑証明書
・相続人全員の住民票
・土地家屋の固定資産評価証明書
・土地家屋の全部事項証明書(これは法務局にて取得)
・遺産分割協議書(作成)

 

亡くなった人の出生から死亡までの全ての戸籍謄本は、 一ヶ所の市町村役場で取得できるとは限りません。
役所の戸籍相談コーナーに相談しながら、集めていくことができます。
土地家屋の全部事項証明書は、全国どこの法務局でも取得することができます。
また、HPの登記情報提供サービスより取得することも可能です。

 

相続登記申請書は、A4サイズの紙に、1から記入して作成しなくてはいけません。
これは、土地家屋の名義変更を申請するために、法務局に提出する書類です。
1から作成するのは非常にたいへんですが、相続登記申請書のひな型が法務省のHPに掲載されています。
ダウンロードして、PCにて書き込みをすれば、そのまま使用できます。

 

あとは、相続登記申請書と一緒に必要書類を法務局へ提出するだけです。
これで、相続による土地家屋の名義変更が完了します。
申請する法務局は、土地家屋の所在地に最も近い法務局となります。
法務局の場所に関しては、HPで確認すると良いでしょう。

 

法務局に書類提出後、1〜2週間程度で新しい権利証が発行されます。
新しい権利証を受け取った時点で、全て完了です。

 

非常に骨の折れる作業ではありますが、資産の相続なので間違いがあってはいけません。
そのためには、やはりこれだけの作業が必要になるということですね。